スーツケース 即日発送

MENU

スーツケースの置き場所

出張や旅行の移動で新幹線に乗る事ってありますよね。
この時に困るのがスーツケースの置き場所です。

 

飛行機に乗るときは手荷物を預けれるのでいいんですが、新幹線は預ける場所もないし、基本的に置き場所も少ないんですよね。。。

 

一応、一部の新幹線車両にはデッキなどにスーツケースやキャリーバッグの荷物置き場が設置されています。
しかし、保管スペースは決して広いとは言えないため、置ける数は限られてしまいます。ゴールデンウィークや年末、連休時など込んでいる時は置くのが難しいと考えた方がいいですね。

 

また、どうしても座席から離れるために、盗難なども気になってしまいますね。
かといって通路やデッキに置くのは、他の方の迷惑になるので絶対にNGです!

 

新幹線に持ち込めるスーツケースの大きさは?

まず、大きいサイズのスーツケースは、なるべく新幹線に持ち込まないのが理想です。上記でも説明したように、どうしても置き場所が限られてしまい何かと不便です。

 

スーツケースを持っていく際は出来る限り小さめのスーツケースにするのがいいと思います。そして置き場所としては、邪魔にならない自分の座席の足元か頭上の荷物棚に置くのがいいでしょう。

トコー

 

スーツケースのサイズは飛行機の機内持ち込みサイズ(55cm×40cm×25cm)ぐらいの大きさなら大丈夫でしょう。容量で35Lぐらいまでのサイズになります。

 

この大きさまでなら荷物棚にも置けますし、ちょっと窮屈かもしれませんが足元に置くことも可能です。もちろんグリーン車なら足元に置いても、少し余裕は取れますけどね。

 

≫新幹線用スーツケース こちらで探せます≪

 

どうしても、長期旅行などで大きめのスーツケースを持ち込む場合は、荷物置き場が空いている事を願うしかないですね。

 

もしくは、各車両最後部の座席の後ろにはちょっとしたスペースがあるので、指定券を購入する際に最後部の座席を取っておくのも一つの方法ですね。

 

でも一番は、大きめのスーツケースは事前に郵送しておくのが間違いないと思いますね。新幹線は駅での移動も大変なので、出来る限り荷物は少なめの方がいいですよ。